メニュー

お知らせ

クレジット決済導入予定  [2024.06.13更新]

7月2日(火)よりクロンスマートパスを導入します。ブラウザから利用可能で、医療機関の会計をネット決済で行なえ、スマートな会計を実現します。クレジット決済のため、キャッシュレスの対応も可能になります。あらかじめ登録可能です。

クロンスマートパス (curon.co)

VISA・JCB・Master・ダイナース・アメックスの5社が利用できます。

 
感冒様症状を有する患者様へ  [2024.05.31更新]

発症 → 検査キットで自己検査 → 結果 → 電話

・7日以内に発熱(37.5℃以上)した方。

・7日以内に咽頭痛、嚥下時痛、嗄声(声がれ)、咳を発症した方。

・7日以内に鼻の奥(のどの上)の痛みを発症した方。

・新型コロナ患者の濃厚接触者に該当する方。

上記4点のいずれかに当てはまる場合は必ず電話で受診の可否の問い合わせをお願いします。コロナの自己検査陽性および発症しながら連絡なしの直接来院はお控えください。混雑状況によっては院外での待機や他院受診をお願いすることもあります。

当院では自己検査をお願いしております。発症してから10時間以上経過してから検査を行ってください。

コロナの自己検査陰性の方、他の医療機関で抗原検査、PCR検査を行って陰性の方は受診可ですが、受付時にその旨をお伝えください。可能な限り結果を持参、写真撮影で確認させてください。

自己判断で風邪ではないと判断されて直接来院されることは控えて下さい。

発熱外来は5月31日で終了します。

薬の出荷制限  [2023.09.16更新]

 以前より報道などでも報告されておりましたが、抗生剤、鎮咳剤、去痰剤、解熱剤や花粉症治療薬などの出荷制限のため、当院周辺の院外薬局に在庫がないとの報告が多く上がってきております。そのため、医療機関受診の際には希望される薬が手に入らいないこともありますことご理解の程お願い申し上げます。

スギ花粉症に対する舌下免疫療法開始希望の患者様へ  [2023.06.16更新]

スギ花粉症に対する舌下免疫療法薬『シダキュア🄬2,000JAU錠』の出荷制限のため、周辺の薬局の在庫がないことが判明致しました。スギ舌下免疫療法の新規治療開始は当面休止致します。事情をご賢察の上、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、『シダキュア🄬5,000JAU錠』の出荷制限は今のところありませんので、治療の継続は問題ありません。また、転院や転居に伴うスギ舌下免疫療法の継続治療を当院で希望される患者様におかれましては、お薬手帳など過去に舌下免疫療法を行っていた資料を持参のうえご来院ください。

超音波検査機器導入のお知らせ  [2023.05.31更新]

頸部のしこり、健診で甲状腺腫大を指摘されたなどのご相談が増えたため、当院でも超音波を導入致しました。お気軽にご相談ください。

なお、細胞診検査は行っておりませんので、腫瘍の性状により適宜総合病院へ紹介致します。

医療DXの推進(マイナンバーカード)  [2021.12.15更新]

令和3年12月15日よりオンライン資格確認システムを導入しました。今後は積極的にマイナンバーカード利用を推奨します。

ただし、システムに不具合が発生することがあるので、保険者証は必ずご持参ください。

マイナンバーカード利用でお薬情報提供に同意頂くと、過去の服薬履歴が電子カルテで確認できるため、お薬手帳の準備が不要となります。待ち時間短縮にも繋がりますので、定期的に内服薬がある患者様におかれましては、可能な限りマイナンバーカードを持参して診察を受けて頂くようお願い申し上げます。

令和6年3月26日より電子処方箋システムも導入しました(市内の医療機関では一番早いです)。

指先採血の迅速アレルギー検査機器導入  [2021.10.20更新]

検査を希望される場合は、検査予約をお願い致します。

前日より検査予約できます。

試薬の供給が不安定なため、試薬がない場合は一時的に休止することがあります。

検査結果は血液採取後、40分くらいで検査結果が判明します。

1人/枠で2人以上同時に検査はできません。

アレルギー検査機器の導入を参照ください。

移動式免疫発光測定装置 ドロップスクリーン A-1 | 臨床検査薬事業 | 日本ケミファ (nc-medical.com)

院長交代のお知らせ  [2019.07.23更新]

当院で可能な検査

① アレルギー検査(指先アレルギー検査、当日検査結果がわかります)

アレルギー検査機器

② ビデオスコープ(喉頭ファイバー)

耳鼻咽喉科ビデオスコープ

早期がんの検出に必要なNBI機能があります。この機能を利用して診察している耳鼻咽喉科クリニックは少数です。

③ 頸部エコー検査(甲状腺、頸部腫瘤、頸部リンパ節腫大などの評価)

頸部エコー機器.pdf

健診などで甲状腺が腫れているなど指摘された際には当院に受診ください。甲状腺の血液検査も行っております。検査結果では甲状腺専門外来のある病院へ適宜紹介致します。また、遠路の病院で甲状腺疾患を指摘され、通院が難しく、病状が安定している患者様についても当院で経過観察できますのでご相談下さい。

④ 聴力検査:オージオメーター、インピーダンス・オージオメーター)

⑤ めまい検査:赤外線眼振画像TV装置(CDDカメラ)

⑥ 副鼻腔炎検査:レントゲン(デジタル処理装置)

⑦ 血液検査

当院で行っている治療

耳鼻咽喉科

耳の症状(耳だれ、耳痛、難聴、めまいなど)、鼻の症状(花粉症、蓄膿症など)、のどの症状、口・のど・くびのしこりなど

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

麻疹の流行に伴い、当院でも自費で麻疹抗体価(血液検査)を行うことと致しました。自費で5,500円で、麻疹IgG(EIA)を検査致します。WEBによる順番予約でご来院ください。尚、末梢血管が細く採血が困難と判断した場合にはお断りすることがありますので、予めご了承ください。

ファーストピアス(耳たぶのみ)施術を行っております。JPS社製のセイフティピアッサーによる施術です。耳たぶ以外の部位は行っておりません。片耳垂4,000円、両耳垂7,300円で消毒ジェル付きです。色などは電話でお問い合わせください。

お知らせ『感冒様症状を有する患者様へをご参照ください。

はじめて受診される方へ

  • 令和3年1月22日より順番予約開始しました。予約患者優先です。
  • ご持参ください。
    • 保険者証
    • マイナンバーカード
    • 医療証(お持ちの方)
    • お薬手帳(お持ちの方)
    • 紹介状(お持ちの方)
    • 母子手帳(必要時)
    • その他の資料など
  • 保険者証は複写・管理しています。
  • 医療証は複写・管理しております。
  • 院外処方箋を原則としております。
  • 処方箋は一般名で行っております。
  • 明細書の再発行はしておりません。
  • 現金でのお支払いです。
  • 令和6年7月2日よりクレジット決済(クロンスマートパス)を導入します。
  • 院内は禁煙です。受動喫煙対策|厚生労働省 (mhlw.go.jp)
  • 診療45分前の喫煙はご遠慮ください。
  • 録音、撮影などは原則禁止です。
  • 院内での通話はご遠慮ください。
  • マスク着用で来院ください。
  • 悪臭が酷いと判断した際には入室をお断りすることがあります。
  • 適格請求書発行事業者登録番号はございません。
  • 医療DXを積極的に推進しております。
  • 医療DX推進により有効な医療情報の取得・活用を行っております。
  • マイナンバーカードを積極的にご利用ください。
  • 診察前、飴や食べ物などを口から出してください。
  • 診察1時間前以内に飲食・飲酒は控えてください。
  • 呼出しのため院内ではイヤホンやヘッドホンは外してください。

交通案内

〒204-0021
東京都清瀬市元町1-8-19 アーク清瀬3F
清瀬駅から徒歩3分
清瀬けやきホールそば
大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
9:30〜12:30
14:00〜18:00

インターネットより順番予約できます。
一般窓口受付時間:9:15~12:15 13:45~17:45
感冒症状の方は自己抗原検査を行ってください。
インフルエンザ迅速検査は行っています。
初診の方は受付終了15分前までに来院ください。
花粉症時期は、午前外来終了時間が遅くなった際には午後診療開始時間を調整致します。

休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

ゾレア®(オマリズマブ)について

ゾレア

季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)でお悩みの患者さまとご家族の方へ | ゾレア®による治療を受ける患者さんとそのご家族の方へ | ノバルティス ファーマ株式会社 (novartis.co.jp)

 

留学・海外渡航をされる患者様への対応

留学・海外渡航される患者様への対応

英文診断書申請書

個人情報保護方針

●個人情報保護方針

紹介先病院

当医院では、入院や精密な検査、手術などが必要な際には適切な施設への紹介が可能です。

また、以下に記載された施設以外への紹介も可能です。

医療連携施設

・防衛医科大学校病院

・公立昭和病院

・多摩北部医療センター

・東京病院

・複十字病院

・新座志木中央病院

・練馬光が丘病院

その他の紹介先施設

・杏林大学医学部附属病院

・順天堂大学医学部附属練馬病院

・日本大学医学部附属板橋病院

・国立がん研究センター中央病院、東病院

・伊藤病院(甲状腺)

など

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME