メニュー

鼻の症状(鼻水、くしゃみ、鼻づまり・鼻炎など)

鼻鼻は呼吸や嗅覚、声の共鳴に関わる大切な器官です。鼻に起こる症状には、副鼻腔炎、鼻炎、嗅覚障害などがあります。

おもな症状

鼻水がでる、鼻水に悪臭がある、鼻詰まりがひどい、鼻血が良くでる、いびきがひどい、鼻の奥が痛い、においを感じない、など。

鼻の病気

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔とは、鼻と口とを繋ぐトンネルの部分です。そこに炎症が起きる病気が副鼻腔炎です。慢性の副鼻腔炎は、蓄膿症と呼ばれることもあります。

炎症により発生した膿が鼻腔から細い筒状のトンネル(自然孔)から排泄されずに溜まって慢性化します。

一般的な治療方法は投薬治療ですが、投薬治療で改善しない場合は手術になることもありますので、早期の診断が重要です。

鼻炎

鼻の粘膜に発生した、急性または慢性の炎症のことです。

鼻炎の原因は、感染、化学物質など様々ですが、特に、アレルギーによって発症した鼻炎を「アレルギー鼻炎」と言います。

放置すると慢性鼻炎や副鼻腔炎に移行することもありますので、長引く場合は、放置せずに、お早めに当院にご相談ください。

嗅覚障害

においの感覚に何らかの異常をきたす症状で「嗅覚異常」とも言われています。

嗅覚障害は風邪やインフルエンザなどの呼吸器系感染症や、花粉症など鼻炎・副鼻腔炎を原因として発生することがあります。嗅覚障害の治療は主に投薬による治療となります。

アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎

アレルギーの原因物質(アレルゲン)により発症した鼻炎を「アレルギー性鼻炎」と言います。

特にスギなどの花粉が原因の場合を「花粉症」と言います。

鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、のどのかゆみなど、で発症することがありますが、症状には個人差があります。

診断は鼻の中の診察(前鼻鏡など)や血液検査などを行い診断します。血液検査で診断されない場合もあります。

対策としてはアレルギーの原因を取り除くことで、マスクやゴーグルをつけたり、掃除などを行い予防します。

治療は対症療法が第一となり、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド点鼻薬や点眼薬、ステロイド内服薬などで症状を改善させますが、抗ヒスタミン薬だけでも10種類以上あり、効果や副作用(眠気、倦怠感、口喝など)には個人差があり、それぞれ見合うお薬を選択することとなります。

次に、スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎に対して舌下免疫療法があり、本治療により症状の完治、改善が見込めることがあります。

舌の下(したのした)で行う鳥居薬品の舌下免疫療法専門サイト (torii-alg.jp)

重症のスギ花粉症の方には、生物学的製剤(抗IgE抗体)治療が最近保険適応となりました。

ゾレア 季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)でお悩みの患者さまとご家族の方へ:ノバルティスファーマ (hajimete-xolair.jp)

当院では舌下免疫療法(スギ、ダニ)、生物学的製剤治療を行うことができますので、担当医に相談ください。

また、採血が怖いお子様に対するアレルギー検査(ドロップスクリーン検査)も導入しておりますので、Webより検査予約してください。

移動式免疫発光測定装置 ドロップスクリーン A-1 | 臨床検査薬事業 | 日本ケミファ (nc-medical.com)

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME